2008年06月14日

災害ボランティアの小道具・1

災害ボランティアが活動するのは被災地です。
被災直後の現地では通常あるはずのものが何もないと考え、それなりに準備をしていきましょう。

食料以外に、あると便利なものを書いておきます。
簡単なものなら100円ショップにもありますので、現地で配れるよう少し多めに持っていくのも良いでしょう。



・懐中電灯・電池
 
暗い中での作業はもちろんですが、現代人は特に夜の暗さは恐怖です。
照明代わりになる蛍光灯タイプのものもあると良いですね。
充電式が便利ですが電池式なら予備の電池も必要になります。

・ラジオ

災害時の情報収集にはやはりラジオです。スピーカータイプなら一台で大勢の人間が聞けますし、周囲の救援活動の状況などを知ることは安心感につながります。悲惨な情報も入ってくるでしょうが、救出された人の情報も入ってくるでしょう。
災害情報のためにはAM放送が受信できるものを。FMでもNHKの音声が受信できると良いでしょう。
やはり充電式が便利です。ラジオ自体の電池消費はそれほど多くないですが、1日中付けっぱなしにしたり、音量を上げたりするのでやはり電池式なら予備電池が必要でしょう。


・工具セット

ナイフ、ドライバー、ペンチ、バールなど、復旧作業以前の救助作業でもちょっとした工具が活躍します。
現地ではいくらあってもたりない状態でしょう。

・携帯電話の充電器

現代の万能アイテムとも言える携帯電話ですが、やはり電気が必要です。
電話で家族の安全確認を取るだけでなく、ネットで被災情報・救援情報を収集したり、ラジオやワンセグテレビでの情報収集もするでしょう。簡易型の懐中電灯としても使えます。
大勢で集中して使用したり、携帯電話の基地局アンテナが破損や停電で使えなくなったりすると、電話がつながらないだけでなく、つながるアンテナを探しまわって携帯電話の電池の減りは速くなります。

互いの連絡を取り合ったり、指示を仰ぐなど防災ボランティアとしての活動にも活躍する携帯電話、電池が切れては困りものです。充電できる装備を用意しておきましょう。
これに関しては人にかすこともあるでしょうから電池式ではすぐ使えなくなってしまいます。手回し式が必要ですね。ずっと手回しで被災者の携帯を充電してるだけでも立派な災害ボランティアとも言えるでしょう。


普段自宅に置いていても防災対策の準備になりますから
気が向いた時に少しずつでも揃えておくと良いでしょう。



同じカテゴリー(災害ボランティアに必要な持ち物)の記事
 災害ボランティアの服装 (2008-06-14 14:52)
 災害ボランティアの小道具・2 (2008-06-14 14:19)
 災害ボランティアの食料 (2008-06-14 13:01)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。